運動不足と汗の臭いの関係

夏は気温が高く、体温を調節するために誰でも汗をたくさんかいています。

 

一般的な夏の汗というのはエクリン腺という汗腺から出る汗で、ほとんどが水分ですからサラサラで汗をかいた直後は臭いはしません。
汗をかいた後に雑菌が繁殖することで体臭となりますから、すぐに汗を拭き取れば臭いの悩みを抱えずにすみます。

 

しかし、普段から運動不足で汗をかかない人というのは、夏になっても上手に汗をかくことができません。
汗腺が使われずに衰えて眠っている状態なので、体から汗が出にくくなっています。

 

汗は老廃物も一緒に排出しているのですが、運動不足だとその老廃物を上手く出せなくなっています。

 

いざ夏に汗をかくとたまっていた老廃物も一緒に出てしまいますから、臭いの強い汗となります。

 

この老廃物は雑菌の大好物で、普通の人よりもたくさんの菌が繁殖しやすくなり、臭いが強まってしまいます。
また、汗腺が鈍っていますから、体の特定の部分ばかり汗をかくようになります。

 

一般的には体は汗をかいていないのに顔から汗が噴出すして、顔汗がひどくなるなどの現象が起きてしまいます。

 

運動不足で汗をかきにくくなっていて、汗臭が強い方は眠っている汗腺を起こしてあげるのが効果的です。
汗腺がしっかりと働くようになれば、サラサラの臭いのしない汗をかくことができるようになります。

 

そのためにも、体を動かして運動するような習慣をつけましょう。

 

ウォーキングなどの有酸素運動は体に負担がかかりにくく、しっかりと汗をかける運動です。
新陳代謝が活発になって衰えていた汗腺も働くようになりますから、まずは短時間からでもウォーキングなどの有酸素運動を始めてみましょう。

 

なかなか運動する時間が取れないという方は湯船に浸かるのもおすすめです。
血行が良くなって発汗作用が高まりますから、爽やかな汗をかけるようになります。

 

ただし、夏場は室内のエアコンや冷たい飲み物食べ物で体が冷えやすいです。
運動後や入浴後に体を冷やしてしまうとせっかく目覚めた汗腺がまた眠りについてしまいますから、なるべく控えるようにしましょう。