燃費のいい美しいボディへと変身するために老廃物を除去!

体の中には老廃物を流すための様々な仕組みがありますが、不規則な生活や変色をし続けていると、ダイエットの大敵である脂肪燃焼を妨げてしまうことが蓄積された老廃物によって引き起こされます。

 

 

もちろん健康的な生活を送ることはとても大切ですが、効果的に老廃物を体内から除去することによって、燃費のいい美しいボディへと変身しましょう。それではそのためにどういうことを具体的にすればいいのか、三つのポイントに分けて紹介します。まず老廃物が滞りやすくなるのはリンパ管やリンパ節がむくむことによって発生します。

 

 

リンパは通常外からの外的であるウイルスが体内に侵入しにくくなるよう働きがありますが、風邪や体調不良などちょっしたことが原因で腫れてしまうのです。それにより老廃物が押し流されにくくなり、脂肪をため込みやすい体にしてしまいます。では、どうすればリンパ管やリンパ節をむくませないようにできるのかですが、それは水分とることが有効的です。

 

 

 

なぜならむくみは意外にも水分不足により悪化することもあり、リンパ液がどろどろになるのは水分不足も一因にあげられるのです。そのためリンパのむくみわとるには、一日のうちに利尿効果の高いアルコールやカフェイン入り飲料以外の、屋水や麦茶などを積極的に補給するようにしましょう。そしてダイエットの大敵である老廃物を解消する二つ目のポイントは、血液さらさら効果のある食材をとることです。リンパ同様に血管内の血液がどろどろとしていると、老廃物をスムーズに流せなくなります。血行不良は新陳代謝を悪化させ、デブの元になることもあるのです。

 

 

 

では、血液をさらさらにする効果的な食材とは何なのかというと、納豆がおすすめです。というのも納豆にはビタミンKが含まれていて、また大豆によるイソフラボンもたっぷり含まれています。イソフラボンはホルモンバランスを整えてくれるので、女性の場合月経前の体のむくみをとって、代謝を健やかにしてくれます。

 

 

 

ホルモンバランスの乱れが脂肪を蓄えるスイッチを押してしまうこともあるので、ダブルの効果がある納豆はダイエッターの心強い味方でしょう。そして三つ目は、筋肉のこわばりをとることです。筋肉がこわばった状態は柔軟性を欠いた状態ですので、老廃物が流れにくい状態を引き起こします。つまり新陳代謝をダウンさせてしまっているのです。

 

 

筋肉のこわばりをとるには、スロートレーニングとしてヨガやウォーキングなど遅筋を活性化してくれる運動がベストです。速い動きの運動ではこわばりをとる効果は低くなります。ゆっくりした動きが効果が高いのです。ダイエットは老廃物を体外へとしっかり除去することで、痩せるスピードをあげることができるのです。